🎺目次:ー4・Bー昭和19年~昭和23年。スイスでの日米極秘終戦工作。日本降伏前の原爆投下実験実施命令。~No.171 * 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 当ブログは、歴史の定説を恣意的に書き替える為に作成している歴史修正主義民族主義のブログである。
   ・   ・   ・   
 日本人には、善人もいれば悪人もいる。
 2割が善人で、3割が悪人で、5割がどっち付かずの中途半端で付和雷同する。
   ・   ・   ・   
 昭和天皇は、戦争を早期に終わらせる事を望んでいた。
   ・   ・   ・   
 アメリカやイギリスは、日本外務省の極秘暗号電報を傍聴し、抗戦派が徹底抗戦を主張していても、昭和天皇の宮廷、政府・外務・陸軍・海軍が戦争終結を望んでいる事を知っていた。
 が、政府・外務・陸軍・海軍はソ連を仲介者として停戦交渉を進めた。
   ・   ・   ・   
 連合軍が要求した無条件降伏とは、昭和天皇の命・死である。
   ・   ・   ・   
 ホワイト・ハウスとアメリカ軍首脳部は、ヒロシマナガサキへの原爆投下実験が完了するまで日本の降伏を受け入れない事を決定し、昭和天皇の助命嘆願と地位保全つまり国體護持を認める気はなかった。
   ・   ・   ・   
 一般常識と正常な理解力がある日本人であれば、日本がアメリカと戦争をしても勝てないどころか負ける事を知っていた。
   ・   ・   ・   
 戦争を止めるかどうか、降伏を認めるかどうか、その決定権を持っているのは、勝者・強者であって敗者・弱者ではない。
 弱者・敗者が、武器を捨て、両手をあげ、白旗を掲げ、戦う意志がない事を示しても、それを認めるかどうかは強者・勝者の権利でった。
 つまり、日本が如何に戦争を止め降伏すると公言しても、アメリカ・イギリス・ソ連の連合軍が認めなければできないのである。
 戦争を止めるが難しいのは、この為である。
 原爆投下前・ソ連参戦前に、日本が降伏できなかったのはこの為であった。
 現代日本人は、平和も戦争も知らないし理解できない。
 現代日本人は戦争を忘れないように語り継ごうとシャカリキになっていてが、歴史力や歴史認識力がない為に無駄である。
 敗者・弱者を殺すか助けるかは、勝者・強者の権利である。
   ・   ・   ・   
 日本国内には、朝鮮人が200万人以上と中国人十数万人が住んでいて、自由に移動していた。
 戦争している日本にとって、朝鮮人と中国人は、良い意味での知人か、親しめる友・友人か、信用・信頼できる親友か、武器を渡して命を預けられる戦友だったのか。
   ・   ・   ・   
 キリスト教朝鮮人テロリストと日本人共産主義テロリストは、ソ連コミンテルン中国共産党の支援を受けながら昭和天皇や皇族を惨殺しようとしていた。
   ・   ・   ・   
昭和19年。
2018-12-01
🎺36:37:─1─ブラジル日本人移民達の「勝ち組」(信念派)と「負け組」(認識派)。1944年~No.171No.172No.173No.174No.175No.176・ @ ㉓
   ・   ・   ・   
2019-04-09
🎺38:39:─1─日本海軍のBC級戦争犯罪。ビハール号事件(ビーハー号事件、利根事件)。1944年3月〜No.177No.178No.179No.170No.171No.172・ ㉔
   ・   ・   ・   
2018-11-30
🎺40:─1─アメリカは、ソ連が対日戦に参戦すれば北方領土四島及び北海道半分をソ連領とする事を認めた。1944年~No.173No.174No.175・ @ 
2018-12-02
🎺40:─2─昭和天皇は、極秘で東條英機首相に戦争終結工作を指示した。対馬丸事件東条英機暗殺未遂事件。小磯國昭内閣。1944年5月~No.176No.177No.178・ @ 
2018-12-03
🎺40:─3─ルーズベルトチャーチルは、懲罰として日本人の上に原爆を落とす事に合意した。ハイドパーク協定。1944年9月~No.179No.180No.181・ @ 
2018-12-04
🎺40:─4─ルーズベルトは、「日本側が戦争終結を望んでいる」というOSS情報を切り捨てた。1944年11月~No.182No.183No.184・ @ 
2020-03-14
🎺40:─5─米国民の7割が日本への無差別絨毯爆撃による虐殺に賛成した。1944年〜No.185No.186No.187・ 
2018-12-05
🎺40:─6─日本陸軍部隊は、漢口大空襲の中から数十万人の中国人を救出し保護し収容し治療して助けた。1944年12月17日。~No.188No.189No.190No.191・ @ ㉕ 
   ・   ・   ・   
昭和20年。
2018-12-08
🎺41:42:─1─ソ連軍の千島占領と米ソ極秘共同作戦『プロジェクト・フラ』と『マイルポスト作戦』。その時、アイヌ人は?~No.192No.193No.194No.195No.196・ @ ㉖ 
   ・   ・   ・   
2018-12-06
🎺43:─1─軍部の大本営発表。政府の監視強化。地図が読める国民の間では負けているという噂が流れていた。1945年1月~No.197No.198No.199・  @ 
2018-12-07
🎺43:─2─ヤルタ極東密約。ルーズベルトスターリンに、日本人の生殺与奪の権を与えた。1945年2月 ~No.200No.201No.202No.203・ @ ㉗
   ・   ・   ・    
2018-12-09
🎺44:─1─ヤルタ極東密約。勝者・強者が世界を支配し歴史を書き換えるのが人類の常識。~No.204No.205No.206・ @ 
2020-08-08
🎺45:─1─アメリカ・ルートでの降伏交渉は失敗に終わった。日本の海軍と陸軍によるOSS工作。~No.207No.208No.209 ㉘  
   ・   ・   ・   
2018-12-10
🎺46:─1─日本の陸軍と外務省は、戦争終結の為にスイスでOSSと国際決済銀行を通じてアメリカと極秘工作を始めた。1945年3月~No.210No.211No.212・ @ 
2018-12-12
🎺46:─2─緑十字船阿波丸撃沈事件。沖縄戦鈴木貫太郎内閣とルーズベルトの急死。1945年4月~No.213No.214No.215・ @ 
2018-12-13
🎺46:─3─無条件降伏とは敗北者の死である。ムッソリーニのリンチ殺人とヒットラーの自殺。1945年4月13日 ~No.216No.217No.218・ @ ㉙
     ・   ・   ・   
2018-12-14
🎺47:─1─アメリカは、昭和天皇の命と地位の安全を否定した無条件降伏を要求した。ザカライアス謀略放送。1945年5月~No.220No.221No.222・ @ 
2018-12-15
🎺47:─2─軍国日本は戦争終結極秘交渉を決定し、米英両国は日本人に対する原爆投下実験を最終決定した。1945年5月15日~No.223No.224・ @ 
2021-02-24
🎺47:─3─1945年5月、スイスでOSSダレス機関を通じた極秘降伏工作が始まった。~No.225 ㉚
   ・   ・   ・    
2018-12-16
🎺48:─1─ホワイト・ハウスは、二発の原爆投下実験が終了するまで降伏を認めない事を決定し、年末までに18発の原爆投下を許可した。1945年6月 ~No.226No.227No.228・ @ 
2018-12-17
🎺48:─2─アメリカ・イギリス・カナダは、原爆投下実験を日本で行う事に合意した。日本本土上陸作戦計画。花岡鉱山暴動脱走事件。1945年6月16日~No.229No.230No.231No.232・ @ ㉛
   ・   ・   ・   
2018-12-18
🎺49:─1─駐日スイス公使と日米極秘終戦工作。スイスは日本の利益保護国である。1945年~No.233No.234No.235・ @ 
2018-12-20
🎺49:─2─スイスは軍国日本の利益代表国。戦争終結を望んだ昭和天皇。好意的中立国と敵意的中立国。~No.236No.237No.238・ @ ㉜
   ・   ・   ・   
2018-12-21
🎺50:─1─アメリカとイギリスは、昭和天皇終戦交渉を望んでいる事を知っていた。1945年7月~No.239No.240No.241No.242・ @ 
2018-12-22
🎺50:─2─原爆投下実験前に「皇室維持条項」を含めた警告を出す事は却下された。1945年7月16日。~No.243No.244No.245・ @ 
2018-12-23
🎺51:─3─スターリンの対日戦参戦命令。トルーマンの原爆投下実験実施命令。1945年7月21日~No.246No.247No.248・ @ 
2018-12-24
🎺51:─4─ポツダム宣言から昭和天皇の身の安全と皇室の存続を保証する条項が削除された。1945年7月26日~No.249・ @ 
2021-02-18
🎺51:─5─ポツダム会談に昭和天皇と軍国日本の国体維持と降伏意思は届いていた。~No.250 
2020-08-09
🎺51:─6─日本に対する無条件降伏。日本分割統治案、昭和天皇戦争犯罪人。~No.251No.252 ㉝ 
   ・   ・   ・   
2018-12-25
🎺52:53:─1─中国共産党は、核拡散防止条約で広島・長崎よりも先に南京大虐殺記念館の参観を要求した。~No.253No.254No.255No.256No.257No.258・ @ ㉞
   ・   ・   ・   
2018-12-26
🎺54:─1─アメリカは、二種類の原爆投下実験と稲作地帯への枯葉剤散布を計画していた。1945年8月~No.259No.260No.261・ @ 
2018-12-27
🎺54:─2─ヒロシマ。一発目。ウラン型原爆投下実験成功。 アメリカ人兵士捕虜の被曝と死。1945年8月5日~No.262No.263・ @ 
2020-07-11
🎺54:─3─広島原爆投下。『疑惑 なぜB29は“反転”したのか?』~No.264 
2018-12-29
🎺54:─4─ユダヤ人科学者は、核兵器研究開発の為に、原爆破壊データの早期回収を求めた。ロンドン協定。1945年8月7日~No.265No.266No.267・ @ 
2018-12-30
🎺54:─5─ナガサキプルトニウム型原爆投下実験。アメリカ合衆国の核爆破実験と生体実験。ソ連対日戦参戦。1945年8月9日~No.268No.269No.270No.271・ @ ㉟ 
   ・   ・   ・   
2018-12-31
🎺55:56:─1─日本民族は、「国體」を死守する為に一億総玉砕を誓った。~No.272No.273No.274No.275No.276・ @ ㊱
   ・   ・   ・   
2019-01-01
🎺57:─1─アメリカ軍は、3発目の原爆は10月中旬頃と報告した。昭和天皇の「聖断」。 関東軍最後の戦い。1945年8月10日~No.277No.278No.279・ @ 
2019-01-02
🎺57:─2─李氏朝鮮王族が参加した皇族会議は、バーンズ回答文を受け入れて降伏する事に同意した。1945年8月12日 ~No.280No.281No.282・ @ 
2019-01-03
🎺57:─3─玉音放送昭和天皇は、2回目の聖断を行い、終戦詔書を詠んだ。徹底抗戦派のクーデター未遂事件。1945年8月14日~No.283No.284No.285・ @ ㊲
  ・   ・   ・   
2019-01-04
🎺58:59:─1─涙の聖断。昭和天皇は戦争を嫌う平和主義者であり、数多くの人道貢献を行った。~No.286No.287No.288No.289No.290No.291・ @ ㊳
   ・   ・   ・   
2019-01-05
🎺60:61:─1─昭和天皇の聖断が、日本人を共産主義者の虐殺から救った。1945年8月16日~No.292No.293No.294No.295No.296No.297・ @ ㊴
   ・   ・   ・   
2019-04-29
🎺62:63:─1─小堀桂一郎。もう一つの「終戦詔書」。国際条約の信義を守る国、破る国。〜No.298No.299No.300No.301No.302・ ㊵
   ・   ・   ・   
2019-01-07
🎺64:65:─1─ソ連は、日本領北方領土を占領し、北海道の強奪する事を決定した。1945年8月19日~No.303No.304No.305No.306No.307No.308・ @ ㊶
   ・   ・   ・   
2019-05-06
🎺66:67:」─1─共産主義者に虐殺された日本人は、通化で約3,000人、満州全体で約24万5,000人。〜No.309No.310No.311No.312No.313・ * ㊷
   ・   ・   ・   
2019-01-08
🎺68:─1─国際法上、降伏受諾は戦闘停止と武装解除で、降伏文書の署名は戦闘行為の終結で、平和条約の締結が戦争状態の終わりである。1945年9月~No.314No.315No.316・ @ 
2019-01-09
🎺68:─2─アメリカの国民とユダヤ人は、懲罰として、昭和天皇の極刑(死刑)と天皇制度の廃絶を望んだ。1945年9月16日~No.317No.318No.319No.320・ @ 
   ・   ・   ・   
2019-01-10
🎺69:70:─1─GHQは日本人洗脳ラジオ放送を始める。キリスト教史観とマルクス主義史観による日本犯罪教育。1945年11月~No.321No.322No.323No.324No.325・ @ ㊸
   ・   ・   ・   
2019-01-11
🎺71:72:─1─洗脳政策による日本人の心と精神の破壊。『太平洋戦争史』。「真相はこうだ」。「真相箱」。1945年12月~No.326No.327No.328No.329No.330No.331・ @ ㊹
   ・   ・   ・   
2020-08-10
🎺73:─1─A級戦犯重光葵は植民地化を防ぐ為にマッカーサーに軍政布告を撤回させた。〜No.332No.333No.334 
2019-05-16
🎺74:─1─アメリカの対日政策は、昭和天皇天皇制度を利用するが皇室は消滅させる事でった。〜No.335No.336No.337・ ㊺
  ・   ・   ・   
2019-01-12
🎺75:76:─1─A級戦犯達の開戦と終戦岸信介。~No.338No.339No.340No.341No.342No.343・ @ ㊻
   ・   ・   ・   
2019-09-27
🎺77:─1─敗戦後の日本人は、反抗も抵抗もせず占領軍・GHQに媚び諂った。〜No.344No.345No.346
2021-02-12
🎺78:─1─1945年12月、GHQによるに教員組合の結成を指令。日本教職員組合日教組)。〜No.347No.348No.349 ㊼ 
   ・   ・   ・   
2019-01-14
🎺79:80:─1─アメリカの原爆神話は、ソ連に対抗するという高度な政治判断によって創られた。~No.350No.351No.352No.353No.354・ @ ㊽
   ・   ・   ・   
昭和21年
2019-01-15
🎺81:─1─昭和天皇人間宣言と退位問題。GHQと左翼・共産主義者は保守派約21万人を公職から追放した。1946年~No.355No.356No.357No.358・ @ ㊾
2019-01-16
🎺81:─2─東京裁判の開廷。国際世論は、人道貢献をした昭和天皇の処刑を求めていた。1946年4月~No.359No.360No.361・ @ ㊿
2019-01-19
🎺81:─3─日本国憲法占領政策基本法)制定。憲法の主権は、日本国民ではなく実はアメリカ政府とアメリカ企業であった。1946年7月~No.362No.363No.364・ @ (51)
    ・   ・   ・   
昭和22年。
2020-11-15
🎺82:─1─GHQの大学改革と焚書に協力する反天皇反日的日本人。日本共産党日本学術会議。1946年~No.365No.366No.367 
2019-01-20
🎺83:─1─GHQのユダヤマルクス主義者は、日本天皇を無防備に放置する為に治安維持法不敬罪及び大逆罪を廃止した。1947年 ~No.368No.369No.370・ @ (52)
   ・   ・   ・   
昭和23年。 
2019-01-21
🎺84:─1─東京裁判の判決。中国共産党は、日本人と朝鮮人の協力を得てヤミ市在日アメリカ軍基地にアヘンを蔓延させた。1948年~No.371o.372No.373No.374・ @ (53)
    ・   ・   ・   
2019-01-22
🎺85:─1─「東京裁判=『勝者の裁き論』の落とし穴」。日本は戦犯国ではない、日本無罪論。~No.375No.376No.377・ @ 
2020-01-03
🎺85:─2─東京裁判を裁く「事後法」に異義を唱えたオランダ判事レーリンク。〜No.378No.379No.380No.381・ (54)
   ・   ・   ・   
2019-01-23
🎺86:87:─1─戦勝国の特権。日本占領軍兵士による強姦・殺人・強奪などの犯罪は無罪。~No.382No.383No.384No.385No.386・ @ (55)
   ・   ・   ・   
2019-01-24
🎺88:89:─1─人道に対する罪で、日本は無罪、ドイツは有罪。~No.387No.388No.389No.390No.391No.392・ @ (56)
   ・   ・   ・   
2019-05-19
🎺90:91:─1─『昭和天皇独白録』。天皇の戦争責任や天皇戦争犯罪はない。~No.393No.394No.395No.396No.397No.398・ (57)
   ・   ・   ・   
2021-01-15
🎺92:93:─1─軍国日本の合理的戦略で行動して失敗し敗北した。~No.399No.400No.401No.402No.403No.404 (58)  
   ・   ・   ・