🎷39:─1─陸自兵員輸送艦、24年に初導入へ 尖閣有事、部隊搬送も視野に。~No.158No.159No.160No.161 ㊲ 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・    
 国防に反対勢力。左翼・左派・ネットサハ、反米派・反安保派・反米軍基地、反自衛隊派、護憲派反戦平和団体、反天皇反日的日本人。
   ・   ・   ・   
 2020年2月14日06:01 MicrosoftNews KYODONEWS 共同通信社陸自輸送艦、24年に初導入へ 尖閣有事、部隊搬送も視野に
 © KYODONEWS 沖縄県尖閣諸島
 政府は、南西諸島に配備した陸上自衛隊の部隊に物資を運ぶ中型と小型の輸送艦計3隻を2024年に導入する方針を固めた。中国公船が領海侵入を繰り返す沖縄県尖閣諸島周辺の情勢を踏まえ、離島への弾薬や燃料、食料の安定供給網を構築する。有事の際に離島奪還作戦を担う陸自の専門部隊「水陸機動団」の搬送も視野に入れる。複数の政府関係者が13日、明らかにした。陸自への輸送艦配備は初めて。
 中国の急速な軍備増強に対処するため、陸自部隊配備など近年進めてきた南西諸島防衛強化の一環。尖閣を巡っては、中国海警法により海警局船に武器使用が認められ、不測事態への懸念が高まっている。
   ・   ・   ・   
 2月14日14:51 産経新聞オスプレイ5機が岩国到着
 陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備される輸送機オスプレイのうち、新たに5機を載せた運搬船が14日、米軍岩国基地山口県岩国市)に到着した。防衛省中国四国防衛局が取材に明らかにした。米側は1機ずつ2週間程度かけて点検し、整備や試験飛行を終えた機体から3月上旬以降に順次輸送すると説明しているという。
 防衛省は中国の海洋進出を念頭とした南西諸島の防衛強化のため、陸自オスプレイを17機導入する計画で既に2機が昨年7月から配備されている。佐賀空港佐賀市)を最終的な配備候補地として調整を進めているが地元と合意していない。
 防衛局によると、5機を載せた運搬船は米国を出発し、14日午前9時45分ごろに岩国基地に着岸。基地周辺では市民ら15人ほどが集まり、オスプレイ配備や岩国基地の使用に抗議した。」
   ・   ・   ・   
 2月16日10:00 産経新聞「中国船が尖閣領海侵入 新たに2隻、漁船に接近
 尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島沖縄県石垣市鈴木健児撮影)
 16日午前4時15分ごろ、沖縄県石垣市尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船2隻が侵入し、大正島の南南東約22キロの海上で、航行中の日本漁船1隻に接近しようとする動きを見せた。第11管区海上保安本部(那覇)によると、15日にも同様の事案が起きており、今回はそれぞれ別の漁船と海警局の船という。
 11管によると、日本漁船(9・97トン)には4人が乗っている。漁船の周囲に巡視船を配備し、安全を確保した。漁船の所属は明らかにしていない。海警局の船の1隻は機関砲のようなものを搭載している。領海侵入は今年7日目となる。
 15日の事案では、別の海警局の船2隻が、2人が乗っている日本漁船(9・1トン)に接近しようとした。この2隻は16日朝の時点で領海内にとどまっている。」
   ・   ・   ・   
 2月16日12:05 産経新聞「「中国船の活動は国際法違反」 尖閣周辺領海侵入で加藤官房長官
 会見に臨む加藤勝信官房長官=16日午前、首相官邸(春名中撮影)
 加藤勝信官房長官は16日午前の記者会見で、沖縄県石垣市尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船2隻が同日侵入し、航行中の日本漁船1隻に接近しようとする行動があったことを非難した。15日にも同様の事案が発生しており、今回はそれぞれ別の漁船と海警局の船という。
 加藤氏は一連の行動について「わが国領海に侵入し、日本漁船に接近しようとする動きを見せたことは誠に遺憾であり、断じて容認できない。こうした活動は国際法違反だ」と述べた。16日に領海侵入した1隻について「砲らしきものが搭載されていた」と説明したが、詳細については言及しなかった。
 海上保安庁の巡視船が現場海域で退去を求めるとともに、外交ルートを通じて中国に厳重抗議したとも強調した。」
   ・   ・   ・   
 2月16日18:31 産経新聞島嶼防衛強化へ「輸送艦4隻導入」 防衛相
 岸信夫防衛相=16日午前、首相官邸(春名中撮影)
 岸信夫防衛相は16日の記者会見で、島嶼(とうしょ)部への輸送能力を強化するため、輸送艦計4隻を令和5年度末までに導入する方針を示した。2000トン級の中型船舶1隻と数百トン級の小型船舶3隻で、同年度末までに海上輸送部隊を新編する。
 岸氏は会見で「島嶼防衛を万全に行うためには、全国各地から陸上自衛隊の部隊や各自衛隊の装備品を継続的に輸送する必要がある」と強調した。」
   ・   ・   ・