🎺目次:ー5ー昭和15年~昭和18年。昭和天皇は避戦、ルーズベルトとチャーチルは開戦。~No.1 * 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 当ブログは、歴史の定説を恣意的に書き替える為に作成している歴史修正主義民族主義のブログである。
   ・   ・   ・   
昭和15年
2018-09-03
🎺02:─1─ルーズベルトの日米通商航海条約失効。静かな日米戦争勃発。1940年~No.2No.3No.4・ @ 
2018-09-04
🎺02:─2─民主党ルーズベルトは、共和党員のスチムソンを陸軍長官に、ノックスを海軍長官に任命した。1940年4月~No.5No.6No.7・ @ 
2018-09-06
🎺02:─3─昭和天皇三国同盟反対。独立派ベトナム人と日本軍の北部仏印進駐。内閣機密費と陸海軍の上納金。1940年7月~No.8No.9No.10・ @ 
2018-09-07
🎺02:─4─ルーズベルトは、モーゲンソー財務長官(ユダヤ人)と日本本土空爆計画を協議した。1940年10月~No.11No.12No.13No.14・ @ ①
   ・   ・   ・   
2018-09-08
🎺03:─1─日本で暗躍していたソ連コミンテルンのスパイ。ゾルゲ。~No.15No.16No.17・ @ 
2022-01-12
🎺04:─1─太平洋戦争はアメリカの日本外交暗号電報誤読から始まった。~No.18No.19No.20 ② 
   ・   ・   ・   
昭和16年
2018-09-10
🎺05:─1─アメリカとイギリスは、日本外務省の暗号電報を傍受し解読して、軍国日本の軍事行動を知っていた。イギリス軍の炭疽菌爆弾開発計画。1941年1月~No.21No.22No.23・ @ 
2018-09-11
🎺05:─2─アメリカは、ファシスト中国が軍国日本に勝利する為に極秘で全面支援していた。日ソ中立条約。1941年3月~No.24No.25No.26・ @ 
2018-09-12
🎺05:─3─日本海軍情報班は、ロンドン外務省から東京のイギリス大使館への極秘電文を傍受し、暗号を解読して、解読文を松岡外相に見せていた。1941年5月~No.27No.28No.29No.30・ @ ③
   ・   ・   ・   
2018-09-13
🎺06:─1─内閣嘱託・尾崎秀実は、日米戦争を誘発させる為に南部仏印進駐を近衛首相に決断させた。1941年6月~No.31No32No.33・ @ 
2018-09-14
🎺06:─2─南部仏印進駐と在米日本資産凍結。松岡外相は、素人の外交交渉と民間外交は失敗するとして猛反対した。アメリカは、松岡洋右を嫌った。1941年7月~No.34No.35No.36No.37・  @ ④
   ・   ・   ・   
2018-09-15
🎺07:─1─秋丸機関報告書。平和の為に戦争をしない決断をしたチェコスロバキアの勇気。~No.38・ @ 
2022-04-03
🎺07:─2─日本陸軍のインテリジェンス能力は世界レベルに迫るほどに優れていた。~No.39 
2022-04-30
🎺07:─3─至誠の日本インテリジェンス 世界が称賛した帝国陸軍の奇跡。~No.40 
2020-05-26
🎺08:─1─日本外務省極秘文書『米国共産党調書』。戦前の日本外務省はソ連の対米工作を知っていた。~No.41 
2022-03-18
🎺08:─2─若杉要極秘報告書『米国共産党調書』。ソ連と米国共産党の陰謀。~No.42No.43 ⑤ 
   ・   ・   ・   
2019-07-27
🎺09:─1─皇室外交。平和主義者・昭和天皇の戦争を避ける為の歴代アメリカ大統領への親書。〜No.44No.45No.46No.47・ ⑥
2019-08-06
🎺09:─2─平和主義者昭和天皇アメリカ大統領への親書。〜No.48No.49No.50No.51・ ⑦
   ・   ・   ・   
2019-08-16
🎺10:─1─開戦に不安な昭和天皇はなぜ開戦に同意せざるを得なかったのか。〜No.52No.53No.54  
2020-06-20
🎺11:─1─「戦前のツイ民」投書階級が民意を形成し避戦の軍部に戦争を強要した。〜No.55No.56No.57 ⑧ 
   ・   ・   ・   
2018-09-16
🎺12:─1─アメリカの挑発的対日石油輸出禁止指令。大西洋会談。平和的外交解決を目指す近衛の日米首脳会談提案。1941年8月~No.58No.59No.60・ @
2018-09-17
🎺12:─2─昭和天皇は、戦争を回避する為に、明治天皇の御製を詠み和平交渉成立を切望した。1941年9月~No.61No.62No.63No.64・ @ 
2018-09-18
🎺12:─3─日米戦争を不可避としたのは、アメリカ、イギリス、ソ連そして中国共産党であった。1941年10月~No.65No.66No.67・ @ ⑨
   ・   ・   ・   
2018-09-23
🎺13:─1─東條英機は、戦争回避内閣を組閣し、憲兵隊を使って開戦派と右翼を監視した。1941年10月17日~No.68No.69No.70・ @ 
2018-09-24
🎺13:─2─東條英機は、初めての戦争回避提案(甲案と乙案)を決定し、正式の予備交渉を申し込んだ。1941年11月~No.71No.72No.73No.74・ @ 
2018-09-25
🎺13:─3─ルーズベルトは、日本側の譲歩2案を拒否する事を決断した。米英は開戦を誘導した。1941年11月15日~No.75No,76No.77・ @ 
2018-09-26
🎺13:─4─ハル・ノートは、東條英機が戦争回避の為に決断した満州以外からの撤兵譲歩案を拒絶した。1941年11月26日~No.78No.79No.80・ @ 
2018-09-27
🎺13:─5─東條英機ら戦争回避派は、ハル・ノートを読んで和平交渉は不可能と判断し戦争を決断した。1941年11月28日~No.81No.82No.83・ @ 
   ・   ・   ・   
2018-09-29
🎺14:15:─1─アジア・太平洋戦争は、アメリカ・イギリス・ソ連中国共産党が始めた日本殲滅戦であった。~No.84No85No.86No.87No.88No.89・ @ ⑩
   ・   ・   ・   
2018-09-30
🎺16:─1─ニイタカヤマノボレ1208。アメリカ軍情報部は日本軍の行動を知っていた。風情報。1941年12月~No.90No.91No.92No.93・ @ 
2018-10-01
🎺16:─2─フーバーFBI長官は、英MI5からの真珠湾奇襲情報をガセネタとして握り潰した。1941年12月5日~No.94・ @ 
2018-10-02
🎺16:─3─開戦前夜。アメリカ海軍小型武装ヨット「ラニカイ号」の危険な任務。1941年12月6日。~No.95No.96 
2018-10-02
🎺16:─4─アメリカとイギリスは、「7日午後1時」という指定日時が何を意味をしているかを知っていた。マレー強襲上陸。1941年12月8日。~No.97No.98No.99・ @ 
   ・   ・   ・   
2018-10-05
🎺17:─1─オランダ・オーストラリア連合軍の中立国ポーランドティモール侵略。マレー沖海戦。香港攻略。ウ・ソー逮捕。1941年12月9日。~No.100・  
2021-09-03
🎺17:─2─新鋭戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」喪失の意味。昭和16年12月10日~No.101No.102No.103 ⑪ 
   ・   ・   ・   
2018-10-06
🎺18:─1─負けると分かっている戦争を強要されたサムライ・武士の覚悟・決意。マキャベリ。~No.104No.105No.106・ @ 
2021-08-20
🎺19:─1─作られた庶民派東条英機人気。イメージ戦略と写真週報。~No.107 
2021-09-10
🎺19:─2─東条英機首相と嘘の大本営発表。~No.108No.109 
2021-12-09
🎺20:─1─国民世論は政府や軍部に対米英開戦を強要し真珠湾攻撃歓喜した。~No.110No.111No.112  ⑫ 
   ・   ・   ・   
2018-10-07
🎺21:─1─日本軍の緒戦の快進撃は、アメリカ・イギリスにおける日本軍の過小評価が原因であった。~No.113No.114No.115・ @ ⑬
   ・   ・   ・   
2022-01-14
🎺22:─1─ソ連は日本でのスパイ活動でドイツに勝利した。〜No.116No.117No.118 
2019-06-01
🎺23:─1─日本軍はソ連大祖国戦争独ソ戦)勝利を手助けした。ウラジオストック・ルート〜No.119No.120・ ⑭
   ・   ・   ・   
2019-12-20
🎺24:25:─1─真珠湾攻撃に関する陰謀説はなかった。〜No.121No.122No.123No.124No.125No.126No.127・ ⑮
   ・   ・   ・   
2019-12-21
🎺26:─1─太平洋戦争は真珠湾攻撃ではなくマレー半島上陸作戦から始まった。〜No.128No.129No.130No.131・ ⑯
   ・   ・   ・   
2018-10-18
🎺27:─1─日本海軍潜水艦隊は、アメリカ本土を砲撃し、アラスカ沖合からアメリカ西海岸沿岸海域までの通商破壊作戦を行った。1941年12月。~No.132No.133No.134・ @ ⑰
   ・   ・   ・   
昭和17年
2018-10-19
🎺28:─1─シンガポール陥落と中国人ゲリラ・スパイ虐殺事件。ドーリットル爆撃部隊。シドニー港攻撃計画。シンガポール独立。ローマ法王庁への特使。1942年~No.135No.136No.136・ @ 
2019-12-22
🎺28:─2─マダガスカルの戦い。第二次世界大戦のターニングポイント。1942年5月5日より11月6日〜No.137No.138No.139・ 
2018-10-20
🎺28:─3─ミッドウェー海戦ガダルカナルラバウル。マキン島強襲作戦。朝鮮の干ばつ。タイの大洪水。上海ホロコースト未遂事件。1942年6月~No.140・ @ 
2021-09-08
🎺28:─4─ミッドウェー海戦敗北の原因は作戦目標を一つに絞らなかったから。~No.141 
2022-02-27
🎺28:─5─ソ連国内に不時着したからドーリットル8番機。スターリンを悩ませた問題。~No.142No.143 ⑱ 
   ・   ・   ・   
2018-10-21
🎺29:─1─欧米白人キリスト教諸国の東南アジア植民地で、貧困に苦しむ親日派知日派、優雅に生活する反日派敵日派。~No.144No.145No.146・ @ ⑲
   ・   ・   ・   
2022-04-05
🎺30:─1─バトル・オブ・ロサンゼルス。日本潜水艦がアメリカ本土を砲撃。日系アメリカ人の強制収容。~No.147No.148 
2021-04-20
🎺31:─1──日本軍によるオーストラリアのポート・ダーウィン攻撃と米豪南太平洋輸送路破壊。~No.149No.150No.151 @ 
2021-04-24
🎺32:─1─日本軍のインド洋作戦。イギリスは恐怖、ナチス・ドイツは失望、スリランカは感謝。~No.152No.153No.154 * ⑳  
   ・   ・   ・   
2021-08-07
🎺33:─1─ドイツ、大本営に武官派遣計画。同盟日本反発、実現せず。~No.155No.156No.157 
2018-10-24
🎺34:─1─日本軍部の国際法違反。軍用病院船の違法使用。~No.158No.159No160・ @ ㉑
   ・   ・   ・   
昭和18年。
2018-11-27
🎺35:─1─根絶やし宣告。現代日本人の能力ではカサブランカ会談の無条件降伏要求が理解できない。1943年~No.161No.162No.163・ @ 
2018-11-28
🎺35:─2─松岡洋右の対米インテリジェンス。第1回ケベック会談と原爆共同開発。日本人に原爆を投下する密約「ケベック秘密協定」。1943年5月~No.164No.165No.166・ @ 
2018-11-29
🎺35:─3─第一回大東亜会議。学徒出陣。カイロ会談。テヘラン宣言。連合軍の非人道的残虐行為。1943年9月~No.167・ @ 
2021-06-09
🎺35:─4─カイロ会談。蒋介石は沖縄とフランス領インドシナの領有を断った。~No.168No169No.170 ㉒
   ・   ・   ・   
2021-09-16
🎺36:─1─アメリカは1948年から日本人戦争犯罪容疑者リストの作成を始めた。~No.171No172No.173 ㉓  
   ・   ・   ・   
 日本人には、善人もいれば悪人もいる。
 2割が善人で、3割が悪人で、5割がどっち付かずの中途半端で付和雷同する。
   ・   ・   ・   
 日本民族日本人は、武士・百姓として戦う覚悟を持っていた。
 現代の日本人は、商人・町人として戦う覚悟がなかったが戦わない勇気は持っていた。
 百姓は、合戦の後、戦場荒らしとして死者から身包み剝いぎ裸で大穴に放り込んで埋め、逃げた敗残武士を落ち武者狩りで首を刎ねて褒美を貰っていた。
 商人は、安全な山の上で宴会をしながら合戦の高みの見物をし、百姓達が戦場から集めた物を安値で買い、修繕して高値で武士達に売って利益を上げていた。
 そして、負けた土地で乱取りをして集めた人間を、中世キリスト教会や白人キリスト教徒商人に奴隷として売って金儲けした。
   ・   ・   ・   
 日本軍部・日本陸軍・日本軍人将兵は、悪い事である戦争犯罪を行い、善い事である人道貢献も行った。
 昭和天皇東條英機松岡洋右A級戦犯達。
   ・   ・   ・   
 現代日本人は、民族の伝統力・歴史力・文化力・宗教力が乏しい。
   ・   ・   ・   
 ルーズベルトは、国家方針の最終決定者にして最高軍司令官として対独戦参戦を決め、用意周到な国家戦略を承認して実行を命じた、それは戦略であって陰謀ではなかった。
 アメリカ国民は、人種差別から異教徒の日本人を殺したいほどに憎んでいたが、キリスト教徒のドイツ人との戦争には反対であった。
 日本がアメリカとの戦争を望まなくても、アメリカが日本との戦争を望んでいた。
   ・   ・   ・