💢目次:ー8・Cー日本とウクライナ戦争。新たな核の脅威。~No.331 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・   
2022-03-07
💢77:─1─ウクライナとロシア、日本と中国の恐ろしい類似点。~No.331No.332No.333 * 
  ・  ・  
2022-03-10
💢78:─1─護憲派反戦平和主義者は憲法違反のウクライナ戦争支援を反対しない。~No.334 
2022-03-03
💢78:─2─憲法9条非核三原則ウクライナ侵略。志位和夫委員長と安倍晋三元首相の論戦。~No.335No.336 
  ・  ・  
2022-04-27
💢79:─1─ウクライナ支援国のなかに日本がないは、金だけ出した湾岸戦争の二の舞い。~No.337No.338No.339 
  ・  ・  
2022-03-08
💢79:─2─安倍元首相が言及“核シェアリング”政策議論。~No.340・ 
2022-03-14
💢79:─3─ウクライナ侵略の教訓。日本は「使える核兵器」の脅威に備えよ。~No.341 
2022-03-19
💢79:─4─日本有事にミサイル避難先足りず。地下施設指定わずか2・4%。~No.342 
2022-03-20
💢79:─5─ウクライナ侵略が示す日本の欠陥。平和憲法信仰では日本は守れない。~No.343 
2022-03-30
💢79:─6─母国嫌いで〝平和ボケ〟した左派日本人には分からない「祖国の死」。~No.344 
2022-04-02
💢79:─7・A─ウクライナ戦争で敗北した日本の理想主義・一国平和主義。一部で出た「降伏論」。~No.345 
2022-04-07
💢79:─7・B─日本国内の「ウクライナに降伏を促す」声。ロシア軍による市民虐殺事件。~No.345 
2022-04-08
💢79:─7・C─日本には戦争をしてでも母国を守るゼレンスキー大統領の様な政治は現れない。~No.345 
  ・  ・  
2022-03-16
💢81:─1・A─日本の原発は戦争やテロに弱い。~No.346 
2022-04-22
💢81:─1・B─日本の原発が攻撃されたら「死者37万人」というシミュレーション。~No.346 
   ・   ・   ・   
2022-04-21
💢81:─2─在日ロシア人への中傷対策。ウクライナ侵攻に関わりのない日本に住む ロシア人達。~No.347No.348 
   ・   ・   ・   
2022-05-01
💢82:─1─アメリカ軍は安保条約に従って日本をロシアと中国共産党の侵略から救うのか。~No.349No.350No.351 
   ・   ・   ・   
2022-05-11
💢83:─1─ウクライナ紛争は対岸の火事にあらず。ロシア侵攻と自立自衛の必要性。~No.352No.353No.354 
   ・   ・   ・   
2022-05-12
💢84:─1─対ロシアに結束対応=日フィンランド首脳会談。親日派フィンランド。~No.355No.356No.357 
   ・   ・   ・   
2022-06-02
💢85:─1─太平洋島嶼国 中国の軍事拠点化を阻め~No.358No.359No.360 
   ・   ・   ・   
2022-06-03
💢86:─1─ノリリスク収容所蜂起でウクライナ人独立派と一緒に戦った元日本陸軍将兵。1953年。~No.361No.362No.363 
   ・   ・   ・   
2022-06-05
💢87:─1─ウクライナ戦争における日本の「どっちもどっち」論と陰謀論。~No.364 
2022-06-16
💢87:─2─ウクライナ侵略。中立を説く偽善者に騙されるな。~No.365No.366 
   ・   ・   ・   
2022-06-11
💢88:─1─ウクライナ戦争。北海道沖で、ロシア艦艇のミサイル発射演習。北方領土周辺の日本漁業権取り上げ。~No.367No.368No.369 
   ・   ・   ・   
2022-07-01
💢89:─1─ウクライナ戦争と改憲派による「自衛隊違憲論争に終止符を」発言。対馬事件の教訓。~No.370No.371No.372 
   ・   ・   ・   
2022-07-07
💢90:─1─日本は「難民鎖国」。門戸狭き難民認定ウクライナ難民との待遇の差への嘆き。~No.373No.374No.375 
   ・   ・   ・   
2022-10-22
💢91:─1─日本は通常兵力で周辺国からの核の脅威にどう立ち向かうのか。~No.376No.377No.378 
   ・   ・   ・   
2022-12-25
💢92:─1─ウクライナ戦争を経て日本が本格的に問われる「抑止・専守防衛・国防」の本質。~No.379No.380No.381 
   ・   ・   ・