🎼目次:ー1ー地政学。日本の戦争は強欲な侵略戦争ではなく攘夷の積極的自衛戦争であった。~No.1 * 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 当ブログは、歴史の定説を恣意的に書き替える為に作成している歴史修正主義民族主義のブログである。
   ・   ・   ・   
 人は、2割が善人で、3割が悪人で、5割がどっち付かずの中途半端で付和雷同する。
   ・   ・   ・   
 日本人には、善人もいれば悪人もいる。
 2割の善人で日本は善人とは言えないし、3割の悪人で日本人は悪人とは言えない。
   ・   ・   ・   
 日本民族日本人と日本国民日本人とは違う。
   ・   ・   ・   
 日本の敵は、中国、朝鮮、ロシア、キリスト教マルクス主義そしてアメリカであった。
   ・   ・   ・   
2018-05-13
🎼02:─1─歴史は如何に「学ぶ」か。歴史は「流れ」より「しくみ」が大事。~No.2・ 
   ・   ・   ・   
2018-05-19
🎼03:─1─未整備。神武天皇『即位建都の詔』と国體。中江兆民と祭祀王・天皇。~No.3・ @ 
   ・   ・   ・   
2018-09-20
🎼04:─1─世界の常識「命を賭けて戦う勇気のない人間は奴隷として生きる」(ヘーゲル)。~No.4・ @ 
   ・   ・   ・   
2018-05-20
🎼05:-1-マルクスエンゲルスと『共産党宣言』を発表した。~No.5・ @ 
2019-05-14
🎼05:─2─共産主義の宗教弾圧と天皇制度打倒・皇室廃絶・皇族根絶は同じ理由であった。〜No.6・ 
2019-03-31
🎼05:─3─エンゲルスマルクス主義ダーウィンの進化論を取り入れた。階級闘争史観。〜No.7・ 
2019-03-23
🎼05:─4─日本が軍国主義国家になった理由は、ロシア帝国ソ連共産主義勢力の侵略であった。~No.8No.9・ * 
   ・   ・   ・  
2019-03-22
🎼06:─1─日本の地政学軍事学・戦争学。日本の理念、論理なき外交。戦前の国防戦略。〜No.10・ * 
   ・   ・   ・   
2020-03-15
🎼07:─1─海の地政学。海の世界秩序の危機は中国共産党の海洋侵略である。〜No.11・ 
   ・   ・   ・   
2019-03-24
🎼08:─1─賤民・部落民・ヤクザは、天皇と日本国を守る為に戦争に積極的に協力した。伝統右翼と現代右翼。〜No.12・ * 
   ・   ・   ・   
2020-03-18
🎼09:─1─ビスマルクが軍国日本の設計プランを明治の元勲達に授けた。〜No.13・ 
   ・   ・   ・   
2020-03-23
🎼10:─1─グローバル人材に「日本史と日本国語」は必要なのか?〜No.14 
   ・   ・   ・   
 天皇・皇族・皇室を戦争をして命を捨てても護ろうとした勤皇派・尊皇派・天皇主義者とは、日本民族であり、身分・地位・家柄・階級・階層が低い、下級武士、身分低く貧しい庶民(百姓や町人)、差別された賤民(非人・穢多)、部落民(山の民{マタギ}・川の民・海の民)、異形の民(障害者、その他)、異能の民(修験者、山法師、祈祷師、巫女、その他)、芸能の民(歌舞伎役者、旅芸人、瞽女、相撲取り、その他)、その他である。
 日本民族には、天皇への忠誠心を持つた帰化人は含まれるが、天皇への忠誠心を拒否する渡来人は含まれない。
 身分・地位・家柄の高い上級武士・中流武士や豪商・豪農などの富裕層・上流階級には、勤皇派・尊皇派・天皇主義者は極めて少ない。
   ・   ・   ・   
 日本人と中華人(漢族系中国人・朝鮮人・韓国人)とは、同じアジア人ではあるが、別系統のアジア人である。
   ・   ・   ・   
 日本民族日本人は、南方海洋民と揚子江流域民の混血を主流とした雑種民族である。
 中華人(漢族系中国人・朝鮮人・韓国人)は、北方草原の民・黄河流域民である。
   ・   ・   ・   
 キリスト教の宗教侵略。
 中世キリスト教会と白人キリスト教徒商人は、日本人をアフリカ人同様に奴隷として売って大金を稼いでいた。
 日本人の命は金で買えた。
   ・   ・   ・   
 徳川幕府は、ロシアの侵略から日本を守る為に、海に面した全ての藩に対し領内の海岸に台場などの海防施設を築くように命じ、内陸の諸藩に対しては海防に協力するように命じた。
 武士達は外国語を知らなかったが、国防を西洋の軍事専門家に頼る事の危険性を充分に理解して独力防衛策を貫き、高額で購入していた数多くのオランダ語軍事専門書を庶民の蘭学者らの協力を得て翻訳し、知らない軍事専門用語に対して知恵を絞って理解し、西洋式軍事図面を独自の解釈を加え工夫し改良して実行していた。
   ・   ・   ・   
 1600年当時 西洋世界は、地球上を7つの帝国と数多くの王国が支配されていると考えていた。
 ロシア帝国、ゲルマン帝国(神聖ローマ帝国・大ドイツ)、オスマン・トルコ帝国、ペルシャ帝国、インド帝国支那帝国(清国)、そして日本(大君国)である。
 イギリス、フランス、オランダ、スペイン、ポルトガルなど王国は、日本より一段下の王国と呼ばれた。
 李氏朝鮮琉球は、更にその下位の諸王国と見なされていた。
   ・   ・   ・   
 安永6(1778)年 ロシア皇帝の勅書を携えたイワン・アンチーピンが蝦夷地を訪れ、直接交易を求めた。
 1779年 松前藩は国法である鎖国令をもって拒否した。
   ・   ・   ・   
 天明5(1785)年4月27日 田沼意次は、ロシアとの交易を始める為に、ロシアの脅威と蝦夷地の現状を調査するべく探索隊を派遣した。
   ・   ・   ・   
 寛政4(1792)年 寛政日露交渉。
 ロシアの戦争と平和は、日本天皇と違いロシア皇帝の判断で決まる。
 ロシア軍艦は、蝦夷地・樺太北方領土などの沿岸測量をしていた。
 相手国の沿岸測量は、侵略戦争準備の一環であった。
 北方領土4島は日本の固有の領土である。
   ・   ・   ・   
 幕府は、オランダからロシア帝国の陸軍兵力は約30万人である事を知る。
   ・   ・   ・   
 文化露寇事件。(シャナ事件・北辺紛争・フヴォストフ事件)。 
 日本の陰暦……文化4年4月23日〜文化4年5月1日。
 西洋の太陽暦…1807年5月30日〜1807年6月6日。
 ロシア軍艦は、蝦夷地・北方領土樺太を攻撃した。
 防戦した日本側は大敗した。
 千島アイヌ人は、ロシアによって千島列島からカムチャッカ半島強制移住させられて消滅した。
 蝦夷アイヌ人と北方領土アイヌ人、日本の敵か味方か。
   ・   ・   ・   
 文化5(1808)年 徳川幕府は、蝦夷地・北方領土樺太防衛強化の為に、奥羽諸藩に対して前年07年の派兵約3,000人に対し更なる増派を命じた。
 奥羽諸藩は、増派して合計約4,000人の兵士を蝦夷地・北方領土樺太に送った。
 徳川幕府は、外国船の攻撃に備えるべく江戸湾沿岸に砲台修築の起工を始めた。
   ・   ・   ・   
 文化6(1809)年 幕府は、ロシアの侵略から日本・蝦夷(北海道)・北方領土を守る為には正確な地図が必要であるとして、間宮林蔵蝦夷地の地図作りを命じた。
 間宮林蔵は、約9年間の歳月をかけて蝦夷の地図を完成させた。
   ・   ・   ・   
 文化7(1810)年 徳川幕府は、白河藩会津藩に相模・房総に台場を構築するように命じ、同様の命令を諸藩にも命じた。
 徳川幕府は、日本をハリネズミのような専守防衛に改造するべく全国の沿岸1,000ヵ所以上に砲台・台場を建造し始めた。
 日本は、死を覚悟した戦いを思い出し始めた。
 徳川時代には、統一された国家意識も民族意識もなかった為に、日本はあっても日本国はなく、日本人も日本民族もいなかった。
   ・   ・   ・   
 文政6(1823)年 オランダ東インド会社は、対日貿易独占を維持する為にシーボルトに日本調査の密命を与えた。
 シーボルトは、来日し、幕府の機密情報でる「日本地図」を手に入れ複写して帰国した。
 欧米列強は、日本侵略の為に日本地図を高額で購入した。
   ・   ・   ・   
 天保7(1836)年 水戸藩徳川斉昭は現在の日立市助川に助川城と呼ばれる海防要塞を築いた。
 水戸藩は、勤皇思想から明治国家の原型を創作し、キリスト教と白人の侵略から日本を守るには軍事力しかないとして強力な軍隊設立に暴走した。
 軍国主義国家日本=軍国日本の端緒である。
 攘夷派、愛国主義者、民族主義者らは、日本天皇と神国日本をロシアの侵略から命を捨てても守るべく、北へ、蝦夷地・北方領土4島へと向かった。
 中世キリスト教会と白人キリスト教徒商人は、日本人を奴隷として売って大金を稼いでいた。
   ・   ・   ・   
 日本は、言霊が支配する国である。
 徳川幕府の基本方針は、偉そうな事を言い並べても「備えずして罰するは不可」(保科正之)である。
 現代の言霊認識は現代だけの特異な認識で、日本本来の宗教的言霊認識ではない。
 日本・徳川幕府は、ロシアとの戦争に備えて軍備を整え、海岸線に砲台・お台場建設を急がせた。
 武士は、殺し合いを生業とする職業軍人として、ロシアが日本を侵略してくる事を言葉に為なかったが確信していた。
   ・   ・   ・   
 命を捨てても日本天皇と日本国を守ろうとしたのは、下級武士、貧しい庶民(百姓・町人)、軽蔑されていた芸能の民(歌舞伎役者・旅芸人・傀儡師など)、差別されていた部落民(山の民・海の民・川の民)、虐げられていた賤民(非人・穢多)達である。
   ・   ・  ・   
 嘉永5(1852)年 ロシア皇帝は、平和的な交渉で日本を開国させ日本との貿易を行う為にプチャーチン提督を派遣した。
   ・   ・   ・   
 嘉永6(1853)年 黒船来航。代将マシュー・ペリーが率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊の蒸気船2隻を含む艦船4隻が日本に来航した。
 庶民は狂歌「泰平の眠りを覚ました上喜撰(じょうきせん)たった4杯で夜も眠れず」を読んだが、打ち上げ花火になれていた庶民は黒船の儀礼空砲に恐怖して混乱する事はなかった。
 アメリカは、砲艦外交棍棒外交として、軍事力を見せつけても日本側の煮え切らない態度で交渉が滞れば大砲を発砲して恫喝するか、小規模の武力衝突もやむなしと考えていた。
   ・   ・   ・   
 安政元(1854)年 日米和親条約日露和親条約、日英和親条約、締結。
 幕府とロシアは、間宮林蔵が作成した蝦夷地・樺太北方領土の地図をもとにして
 両国の国境を択捉島とウルップ島との間で画定させた。
   ・   ・   ・   
 安政6(1859)年夏 幕末のロシア人襲撃事件。ロシア海軍少尉のロマン・モフェトと水兵のイワン・ソコロフの2人が横浜で襲撃、殺害された事件。
   ・   ・   ・   
 文久1(1861)年2月 対馬事件。ロシア軍艦ポサドニック号は、イギリスが対馬を軍事占領しようとしていると言い掛かりを付けて、対馬浅茅(あそう)湾に侵入して停泊し、軍事力を見せ付けて上陸地の租界権を要求した。
   ・   ・   ・   
 日本は、清国(中国)とロシアとの戦争は避けられなかった。
   ・   ・   ・   
 ソ連共産主義者コミンテルン中国共産党は、日本を戦争へと追い込んでいった。
   ・   ・   ・   
 日本国・日本民族日本人は、天皇家・皇室を滅ぼそうとした共産主義勢力と戦っていた。
   ・   ・   ・   
 1796~1805年 仏教系白蓮教徒の乱。
 1841~42年 清国の阿片戦争
 1851~64年 キリスト教徒による太平天国の乱で約2,000万人が虐殺された。
 捻匪(ねんひ)の乱。回教の乱。その他。
 1796年から1851年までの宗教結社による「教党の反乱」で5,000万人~1億人が虐殺された。
 日本人が憧れた中国は、血に飢えた中国人による猟奇的虐殺で地獄と化していた。
  ・  ・  
 世界の常識は、友好的な少数派で反抗的な多数派を支配するであり、その為に少数派には権力と富を与えて裕福な教養ある上流階級にし、多数派からは奪える限りを奪って極貧の無学な下層階級とした。
 1856年 ビルマ王国はイギリスの侵略で滅亡した。
 国王は国外追放後に殺害され、王子は皆殺にされ、王女は奴隷・娼婦・下層民の妻に去れ、ビルマ王家は消滅した。
 ビルマの各少数民族は、多数民族ビルマ人による長年の偏見・差別・抑圧への報復として、イギリスから与えられた警察権を行使して仏教徒ビルマ人を弾圧し、復讐として不当に逮捕して拷問死や処刑を繰り返していた。
 1858年 ムガル帝国はイギリスの侵略で滅亡した。
 イギリス女王がインド皇帝に即位し、インド人皇帝は国外追放後に殺害され、男子皇族は皆殺にされ、女子皇族は奴隷・娼婦・下層民の妻にさ、ムガル帝室は消滅した。
 開明的な藩王(マハラージャ)は親英派として、300年以上の歴史を持つムガル帝室を時代遅れとして見捨て、忠誠心を捨てて裏切り、イギリスの植民地支配に協力した。
 植民地支配を受けていたインドは、自然災害が発生すれば広範囲で甚大な被害が発生し、被災地では数十万人から数百万人が犠牲となる地獄であった。
 イギリスと親英派は、独立運動を武力で鎮圧して虐殺し、反英派や独立派を弾圧していた。
  ・  ・  
 1853年 アメリカのペリー黒船艦隊の浦賀来航は、であった。
 1898(明治31)年 アメリカはハワイ王国を併呑した。ハワイ王家はアメリカ移民とキリスト教会の侵略で消滅した。
 日本海軍は、アメリカの軍事侵略を警戒した。
 日本の戦争は、攘夷で、外国の侵略に対する積極的自衛戦争であった。
   ・   ・   ・   
 1847(弘化4)年 マルクスエンゲルスは、プロレタリア革命を広める為に共産主義者同盟の綱領を起草して、共産党宣言を行った。
 マルクス主義社会主義共産主義は歴史の浅い、反宗教無神論の新しいイデオロギーである。
 1917(大正6)年 レーニン共産主義暴力革命を成功させ、皇帝派・保守派を反革命派として虐殺した。
 ケレンスキーの社会革命党は多数派(ボリシェヴィキ)で、レーニンボリシェヴィキ党は少数派(メンシェビキ)であった。
 ロシア社会民主労働党内で、レーニンの人民独裁制を主張する左派は多数のボリシェヴィキであり、対立した大衆政党としてブルジョア革命を主張した一派は少数のメンシェビキであった。
 1921年 日本留学組の李大釗らを中心とした中国人共産主義者らは、共産主義を日本国語飜訳本で学び、レーニンの協力を得て中国共産党を結成した。
 1922(大正11)年 ソ連コミンテルンは、天皇制度を打倒して暴力革命を起こす為に日本共産党を結成させた。
   ・  ・   ・   
2017-09-26
☭18」─1・A─レーニンが起こしたウクライナ飢饉。餓死者800万人~1,450万人。ホロドモール。1921年。~No.53・ @ 
2021-09-02
☭18」─1・B─ロシア革命の成功で歴史から抹消されたボルガ川流域での餓死者約500万人。1921年。~No.53 
   ・   ・   ・   
 昭和7(1932)年 ソ連コミンテルンは、社会ファシズム論から日本共産党に対し32年テーゼ「日本に於ける情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ」を送った。
 「帝国主義戦争の内乱への転嫁を目標とする日本共産党」に、暴力革命勝利の為の「統一戦線戦術」を命じた。
 日本人共産主義者は、人民の正義の為に昭和天皇や皇族を殺すべく活動を本格化させた。
   ・   ・   ・   
 三十二年テーゼ
 1932年5月コミンテルン執行委員会西ヨーロッパ・ビューローによって決定された「日本における情勢と日本共産党の任務に関する方針書」のこと。日本の支配体制を絶対主義的天皇制とみなし,きたるべき日本革命は天皇制を打倒し,地主制を廃止するブルジョア民主主義革命であり,社会主義革命はその次の段階とする二段階革命論の立場を明確にした。日本では河上肇翻訳で同年7月 10日『赤旗』特別号に掲載され公にされた。同種のものには 27年,31年のものがある。これらのテーゼは当時の日本の経済理論,社会主義運動理論に大きな影響を与え,活発な論争を引起した。
 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報
   ・   ・   ・   
 日本の戦争は、外国からの日本侵略と天皇殺害に対する合法的正当防衛としての積極的自衛戦争であった。
 自衛とは、ロシアの軍事侵略、キリスト教の宗教侵略、アメリカの軍事侵略、ソ連コミンテルン中国共産党によるイデオロギー侵略であった。
 そして、日本人共産主義者テロリストとキリスト教朝鮮人テロリストによる昭和天皇と皇族の暗殺失敗と、大陸系渡来人の東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)による第32代崇峻天皇を暗殺である。
   ・   ・   ・   
 日本人の朝鮮人と中国人への偏見と差別。
 日本民族にとって、中国人と朝鮮人天皇殺し・神殺し・仏殺しの、冒してはならい穢してはならない尊き存在に対する「畏れ」を知らない、バチ当たりな、心が穢れた非人間であった。
 例えれば、イエス・キリストを殺したユダヤ人である。
 それ故に、日本は中国と朝鮮に対して偏見を持ち差別してきた。
 ユダヤ人のイエス・キリスト殺しは、聖書における信仰宗教であった。
 渡来人(外国人移民)の第32代崇峻天皇暗殺は、歴史的事実である。
 日本民族は、命を捨てても天皇を助け皇室を護ろうとするが、決して天皇を殺し皇室を滅ぼそうとなしない。
 歴史的事実として、権力闘争・政争で、天皇に即位する前の皇族は殺害され天皇を退位した上皇法皇島流しにあったが、日本民族日本人によって殺された天皇は誰もいない。
   ・   ・   ・   
 歴史的事実として、古代から、日本は被害者であり、中国や朝鮮は加害者であった。
   ・   ・    ・